まつげエクステのカールは好みに合うものを選ぼう

魅力的な目元を演出する効果が非常に高いと話題のまつげエクステ、装着する人工毛にはいろいろな種類があるので、ないたいイメージに沿ったまつげに仕上げることが可能です。目の形や大きさに合わせて、長さやカールのきつさを変えれば、そのデザインは無限に広がるといわれており、セクシー系、ゴージャス系、可愛い系など、いろいろな呼び名さえ使われるようになってきました。

カールには、ビューラーでしっかりと上げたように上向きに毛先が上がっているものから、ほとんどカーブのない緩やかなものまで多岐にわたっているので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。すべてを同じカールでそろえるのも良いし、目頭、真ん中、目尻に分けて長さやカールを変えていくのも素敵です。

一般的にセクシー系は、まつげが目尻に行くにしたがってだんだん長くなっていくデザインが多く、より垂れ目に見せたい場合は、目尻には長めでほとんど角度のついていない毛を装着します。そうすると、セクシーの中にも可愛らしさが表現され、アイラッシュサロンの中にはこれをメーテルデザインと名付けているところもあるようです。

またゴーシャス系は、とにかく隙間なくまつげをつけたいという方が多く、つけまつげレベルに濃く仕上げます。カーブのきつさは一番きついタイプを選ぶことが多く、いわゆるCの形にまでカールがついているもので埋め尽くしていく方が多いです。この場合も長さはやはり目尻に行くにしたがって長くしていく方が多く、目も大きく見えパッチリお人形のような目元が演出できます。

このようなインパクトのある目元ではなく、ごくナチュラルな感じに仕上げたい場合は、長さやカーブの選び方を自まつげとほぼ変わらないくらいにすれば、まつげエクステをつけているのかどうかわからないほど自然になります。カーブの角度は様々ですが、まつげエクステの持続性から考えると、自まつげと人工毛の接着面がより大きい方が安定するので、あまりにもきつい角度でカーブしている毛は、平らな部分が少なくなってしまうため、接着面が小さくなるので、取れやすいという難点もあります。

一方自まつげとほとんど変わらないほど緩やかな毛であれば、広い面積で接着できるので、長持ちするという利点もあります。しかしこの人工毛も進化しており、次々とより持続性を追求したものが開発されており、L字型のタイプも登場していて、カーブはきついけれども定着率も良いものがあるようです。

まつげエクステの種類:ベティラッシュ

まつげエクステの需要が高まる一方で、トラブルも多発しています。
そこで、開発されたのが数ある種類の中でも安全性の高いベティラッシュなのです。

セレブ系のまつげエクステにするポイント

まつげエクステを利用することで、セクシー系のファッションとも合う魅力的な目元に仕上げることが出来るとして多くの女性が利用しています。

まつ毛コーティングとは

まつ毛コーティングは、まつげエクステに欠かせない物です。まつエクは、現代女性の定番のオシャレ術の一つであり、幅広く活用されています。

まつげエクステの種類:シルクエクステ

まつげエクステの人工毛の中でもシルクエクステは、とてもリーズナブルな価格でコシのあるしっかりとした素材です。